告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2016年9月29日木曜日

航空自衛隊機に日の丸が描かれない?ステルスだから仕方がない?

航空自衛隊の最新戦闘機F-35には、真っ赤な日の丸が描かれないのだそうですね。
ステルス機だから、よく見える赤は駄目ってことのようです。

でも、日本の戦闘機なら日の丸はしっかりとつけて欲しいですね。
ガンダムのクワトロ大尉があえて目立つ金色の百式に乗っていたように、或いは銀英伝のカイザーラインハルトが白い旗艦ブリュンヒルトに乗っているように、堂々と日の丸を掲げて欲しいです。

さて、冗談はさておき、新しい戦闘機ですか。
中国の戦闘機とドッグファイト的なことをして、背後を取られたという話も聞きます。
パイロットの練度が自衛隊の要でしたが、もしかしたらそれがアドバンテージにならない状況になっているかもしれないとも感じます。
だから最新鋭の戦闘機は早急に導入する必要があると言われていました。
なかなか行動が早いですね。

ただ、これはこれでいいのですが、個人的な感情を言わせていただくと、やっぱり日本製を作ってもらいたいですね。
日本人には日本人にあった戦闘機というのがあると思うのです。
日本は専守防衛ですから、それ用に開発する必要がありますよね。

日本の戦闘機でもなく、真っ赤な日の丸も描かないでは、日本はもうアメリカ軍の一部に感じます。
アメリカを守る為の最前線部隊ですよ。
日の丸一つが描かれないという報道を見てそんなことを思うなんて、どうでもいい話かもしれませんが、なんとなく大切なことのような気がするので書いておきます。

国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動 (文春新書)

ε===(っ≧ω≦)っ秋華

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション