秋華神社(サイト入口)はこちら

2020年4月23日木曜日

国債発行額が増えても本来は自然と調整されるものだから心配ない!でも最も健全な状態にする為に私は国債金利をゼロに固定し日銀が全て買い取る事を提案する!

この記事は、私のつぶやきに書いたものをそのままこちらでも公開するものです。

【タイトル】
銀行は国営企業?国債の金利はゼロが一番健全である理由!


先日こんなつぶやきをしました。

メッチャええ事思いついたwこれでもう国の借金がぁ~とかいう嘘はつけないだろう!

まあ要は国の借金は国民からしているのだから問題ねぇよ!って話ですw

でもですね、借金が積み上がっていけば金利の支払いもあるし、国債はドンドン積み上がっていくし、なんとなく不安になりますよね。
今日はそんな不安を無くし、実は国債の金利はゼロが一番いいよって話をします。

国は国債を発行し、それを国民に買い取らせ、国民から借金をしています。
その額は今では1000兆円を超え、『これはいずれ国民が返さなければならない借金だ』と危機感が煽られたりしています。
確かに例えばこの額が1京円にでもなれば、金利が0.1%だったとしても、毎年余計に10兆円の財政支出が増えるわけで、その分他に使えるお金が削られるのではないかとも思えます。
しかしですね、案外こういうのは自動的に調整されるもので、それほど恐れるものではありません。
そんなに借金が積み上がっている状態、つまりそれだけお金が市場にある状態なら、当然インフレが起こっている、或いはお金も使われているはずだからです。
当然税収も増えているのです。

でもやはり不安だという方は、少し別の視点で色々見て行くと良いです。


①銀行は国営企業!みたいなもの

国は国民から借金をし、その金利を国民に支払っています。
つまり借金の金利によって財政支出が増えている分は、国民にばら撒かれているわけです。
だから本当なら国民の生活はその分豊かになっているわけです。

主にその恩恵を受けている国民は、銀行であり銀行員です。
国債の多くは銀行が買っているわけですからね。
仮に現在の国債発行額が1000兆円で、金利が0.1%だとしたら、毎年1兆円が銀行に『ただでプレゼント』されているようなものなのです。
ある意味銀行は国営企業で、銀行員という公務員に税金から1兆円給料が支払われているのと同じなのです。

銀行員というのは実質国家公務員と大して変わらないのです。


②現在は実質銀行と銀行員に対する増税状態

例えば1000兆円の国債を発行していて、金利が0.1%であれば、本来は毎年1兆円の金融緩和が行われている事と同じです。
額としては小さいですが、その効果があるのです。
だから額がある程度大きくなってくれば、自然とインフレに必要な額国民にばら撒かれ、経済は豊かになるはずなのですが、財政健全化という言葉によって、現在それを阻もうとする人がいます。
国民を豊かにしたくない人、或いはインフレを嫌う金持ちは、財政健全化を訴えるのです。

現在日本はマイナス金利ですが、これもまたバラマキを阻止しているわけです。
それどころか、国民から金利を徴収する、『実質増税』まで行われているのです。
上記したように国民とは、多くが銀行であり銀行員です。

まあ言ってしまえば、支払う給料を大幅に減らす増税を銀行員にだけ行っている状態です。

③現在は大きな政府に緊縮増税圧力

財政健全化によりばら撒かれる金を減らし、マイナス金利によって銀行に支払われるべきお金が無くなり、逆に徴収される状態というのは、これはもう緊縮増税状態です。
このような事が行われてしまう背景は、銀行という国営なのか民間なのか分からないどっちつかずの企業が有る為です。

ある時は大きな政府の一部として、社会主義的な中で甘やかされ競争力を失い、ある時は民間企業として扱われ重い税をかけられるのです。
どちらにしても日本という国家や国民にとっては良くない事であり、これらはあってはならない無くすべき所ではないでしょうか。

④国債はゼロ金利が最も健全であり公平

大きな政府は、国民の活力を奪い、少なくとも今の競争社会では良いモノではありません。
そして緊縮増税圧力というものも、当然国民にとっては望まないものでしょう。
常に緊縮ではなく緩和というのも違いますが、本来は、景気が過熱すれば緊縮し、景気が悪ければ緩和するのが正しい経済金融政策です。

そもそもお金というものは、ブツブツ交換という経済活動を円滑に行う為に必要な道具であり、それ以上でもそれ以下でもありません。
その道具が足りなければ国は国民にそれを供給し、その道具が多すぎれば回収するのがお金を発行している者の仕事です。
それをわざわざ借金という形で行っているからおかしな事になるわけで、道具を増やすのに借りるも何もありません。

だから最も健全なお金の発行方法は、ゼロ金利国債を日銀に買い取らせて発行する事です。
景気が良く成れば税収も増えるわけで、そしたら自然とお金は回収していけるのです。
その時に国債を償還すればいいのです。

これなら銀行が国営化する事もありませんし、逆に増税(マイナス金利)され給料を減らされる事もないのです。

まあ今のやり方でも、ちゃんと適量国債を発行して国民に金をばら撒けばコントロールはできますよ。
でもその時得をするのは銀行であり銀行員で、その恩恵は確かに国民にも行きますが公平ではありません。

他国に比べて銀行の口座維持費などが極端に安い、或いはゼロ円であるというメリットも得てはいますが、公平を望むのならゼロ金利国債のみの運用というのが、私は一番いいのではないかと思います。


そんなわけで、今の状態だと経済が良くなるまでは国債を積み上げ、お金をばら撒いていていいのです。
景気が良く成れば税収も増え、自然と回収されます。
ただ今の状態が続くのは国民が苦しい状態を続ける事になるので、望むものではないですね。
だから早く必要な所までばら撒いて、景気の良い状態にすればいいのです。

とはいえやはり、何もしなくてもお金が貰えるという銀行が特に得をする状態というのも公平ではないですし、競争力が失われていきます。
国債が積み上がるのも金利が有る以上不安ですよね。
だからもう今のやり方は止めて、単純に『国債』ではなく『国の通貨発行額』とすればいいのではないかという話でした。


2020年4月13日月曜日

倉山満さんの #救国シンクタンク を応援します!

1年ほど前から、チャンネルくららを見ていて感じていたのです。
『シンクタンクの重要性、必要性』を訴えているのが印象に残ると。
おそらくそれ以前からも、チャンネルくららでは言っていたかもしれません。
ただ、私の意識に残る事はありませんでした。
それがここ1年くらいでしょうか。
妙に残っていたのです。
それで感じていたんですよ。
『倉山満さんは、シンクタンクをやろうとしている』のだと。

それで何度もツイートしようとしたんですよね。
そういう話の動画を見るたびに、『倉山さんにやってほしい』とね。

それが実際にスタートしました。


少し前からスタートしておりましたが、昨日の参政党のスタートに合わせ、こちらもご紹介しておこうかと思いまして。

参政党の方の記事にも書きましたが、私はかなり前から、今回救国シンクタンクをスタートさせた倉山満さんと、参政党をスタートさせた神谷宗幣さんを推しています。
この2名は私にとってのツートップであり、何時か何かを始める人だと期待していた方です。
他にここまで推している人はいません。
とにかくこの2人が私の中で飛び抜けているのです。

倉山さんの良い所、凄い所は、とにかく知識が豊富だという事です。
もちろんそれだけではありませんが、私にとって最も羨ましいポイントと言った所でしょうか。
私は本当に記憶力が無いですからね。
3ヶ月触れなければ忘れますし、そもそも覚えるのが苦手です。
逆に言えば、私は忘れるのが得意です。{笑}
まあ何にしても、その豊富な知識があれば、当然他の事にも頭が回りますし、何かの結論を出した時、正解の可能性は高まります。
情報が多い方が正しい結論に導きやすいですからね。
もちろん多くの情報から導きだしたもの全てが正解にはなりません。
時に1%の例外が答えになる事もあるのです。
しかし正解率が高くなる事は間違いないのです。
そういう倉山さんを私は常に推してきました。

そして同じく推している神谷宗幣さんが、同じ時に参政党を立ち上げたのです。
これは偶然ですかね。
いえ、この両方に関わっている方がおられます。
渡瀬裕哉さんですね。
おそらくですが、両者がこのように動き出したきっかけは、渡瀬さんなんじゃないかと思っています。
いずれ動き出す人達ではありましたが、この時期に動き出したのは何かしら影響を与えたのだと思うのです。
だから渡瀬さんは、私の中で今一番熱い人だと言えるでしょう。

まあ何にしても、私が推す倉山満さんと、そして神谷宗幣さん、その両者の活動に大きな役割を果たしている渡瀬裕哉さん、他にもくららメンバーの内藤陽介さんや江崎道朗さんも含め、或いは私が他にも推している竹田恒泰さんも最近積極的に活動しており、世の中動き出したなという感じがしています。
これだけ動き出すと、流石に期待してしまいますね。
私に何ができるかは分かりませんが、少しでも力になれるよう、今後も推していくつもりです。

何?
金を出せばいい?
金を出すくらいなら私は参加しますよ。
金を出すだけなんて、つまらないじゃないですか。
そんなわけで、今は気が向く範囲でできる事をやっていきます。

この方々は、きっと今の沈みゆく日本に浮上のきっかけを与え、或いは浮上させてくれると思います。
日本を良い国にしたいと思うのなら、一緒に応援してほしいですね。

2020年4月12日日曜日

いよいよ始動!政党DIYから #参政党 へ!国民が学びみんなで国を良くしていく政党誕生!

いよいよスタートですね。
私は‥‥10年近く前‥‥になるのでしょうか。
正確な所は覚えていませんが、少なくとも8年以上前から神谷宗幣さんという方を応援してきました。
具体的に何をしていたって事はそんなにありませんが、動画を見て紹介して、本当に声援を送るくらいです。
でも期待していたんですよね。
他に倉山満さんという方も私はずっと応援してきているわけですが、とにかくこの2人が将来の日本を救う鍵だと思い、私は見てきたわけです。

今、私の見る目は間違っていなかったと改めて思いますね。


最近はこの2名にプラスして、信頼できそうな方が増えてきています。
或いはやってくれそうな方というのでしょうか。
やってくれそうという意味では、政党DIYの渡瀬裕哉さんなんかは今一番期待している方ですね。
若さと実行力は飛び抜けていると感じます。

好きという意味ではチャンネルくららの内藤陽介さんです。
日本を良くしようという活動という意味ではなく、全てを蚊帳の外から見るようなその視点に魅かれております。
他にも信頼できそうな方、発言に説得力のある方が大勢でてきて、いよいよだなという想いです。
ちなみに倉山満さんや内藤陽介さんは、この参政党とは関係が無いと思われます。
近しい関係があるようには見えますけれどね。

正直このタイミングで新型コロナウイルスの蔓延は、逆風に感じる所もありますが、このタイミングだからこその意味もあると思うんですよね。
自民党一党独裁的な今の日本で、別の政党を作ってやるというのは、そもそも困難極まりないのです。
これくらいの逆風があった方がむしろ追い風にも感じます。

この政党がどんな政党かは動画を見ていただければと思いますが、まあ一言で言えば国民が参加し勉強をして支える党です。
全国規模の大きな松下村塾的なものかもしれません。
私は中の人ではありませんから、詳しくは知りませんけどねw
おそらく党員になりたいなら、基本理念さえ同意していたら誰でも参加できるかと思います。
皇室伝統を大切にし、自国は自分達で守り、誇りをもって国民、先には世界の人々の為に頑張りたい人でしょうか。
全ての増税に反対ってのもありましたね。{笑}
サイトもありますから、そちらでも確認ください。
https://www.sanseito.jp/

参政党は、神谷宗幣さんが動画の中で言っていたかと思いますが、基礎からじっくり育てていく政党だそうです。
しかし私の勘ですが、割と早くから動き出すように思いますよ。
何故なら、政党ができたのは今ですが、CGSチャンネルくらら政党DIYで学んでいる人は、もう既に10年近く勉強してきているわけですから。
集まれば既に話のできる人も大勢いると思うのです。
きっと倉山塾生にも参加する人がいるのではないでしょうか。
即戦力もいるだろうと思いますよ。

まあそんなわけで、これから面白くなるような気がします。
次の衆議院選挙なんて話にはならないと言っておられた気がしますが、ひょっとしますよ。
比例だけでもあるかもしれません。
そして1名でも国政に送り出せたら、何かが変る可能性があります。
そこまでは期待しないまでも、大いに期待してこれから応援していきたいと思います。

サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス