告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。
    参加の際にはコミュニティでの投稿に関するお願いも確認ください。

2018年4月19日木曜日

財務省福田事務次官のセクハラ問題が話題になっているので、セクハラの問題点について話そうと思う。

テレビ朝日の女性記者が、財務省の福田事務次官にセクハラを受けたとされる報道が世間を騒がせています。
なのでこの機会に、セクハラの問題点について少し話そうと思います。

まず最初に、私の事を少し話しておきます。
私は若い頃から下ネタが大嫌いで、今でも私はそういう風に思われています。
実際下ネタは話さないし、今も好きではありません。
ただ、好きになれない理由は、話の中でプライベートな話になるからで、まあ相手のある話ですから話さないのがマナーだと私は考えているからです。
そして実際に下ネタが嫌いだという人も一定数いるわけで、だったら話さない方がいいと私は思うわけです。
しかし、下ネタに関しては、男女問わず好きな人も多く、飲み会の席なんかでは話が盛り上がってしまうのも事実です。
だから自分の感情だけでこれを否定する事はできないと現在は考えています。

さてそれでセクハラですが、セクハラとはなんでしょうか。
性的な話をして相手に嫌な思いをさせてしまう事だという認識です。
正確には性別的な話というべきでしょうか。
例えば男性が女性に対して『綺麗な髪だね』と言っただけでも、それを女性側が嫌だと感じれば、それはセクハラとなってしまいます。
男性としては喜んでもらえると思って言うわけですが、相手が嫌がればそれはセクハラになってしまうのです。

セクハラの問題点の一つに、何がセクハラになるのか分からないという点があります。
相手が喜ぶのか嫌がるのか分からないわけで、嫌がればセクハラになるのです。
それも性的なものに限定されず、予想できない所にまで広がっています。
だからセクハラを犯罪とするには無理があるのです。

そこで必要なのが、セクハラを受ける側も、それがセクハラになるという事を意思表示しなければなりません。
それがないと、誰もがセクハラで訴えられる可能性があるからです。
痴漢の冤罪と同様、女性の気持ち一つで男性は犯罪者となるのです。
例えば『そんな事は言わないでください。セクハラになりますよ。』と、しっかり相手に伝える必要があります。
或いは直接言えない場合は、誰かに伝えてもらう必要があるでしょう。
でないと男性側はそれが良いのか悪いのか判断できません。
性的な発言も、男女の間では必要になる場合があります。
セクハラ被害を訴えるには、必ず先にそれがセクハラになるという事を伝えておく必要があるのです。
なのにその辺が曖昧なのも問題点となります。

他にも問題点はあります。
性的発言(性別的発言)というのは、男女問わず好きな人が多いという事です。
嫌いな人もいますが、好きな人もいる、厄介な話題なのです。
しかも好きな人の間では、普通の会話よりも凄く盛り上がってしまうのです。
だからついつい相手が喜んでくれると思えば、男女問わず話してしまうのです。

そして注意していても、酒の席では好きな人は言ってしまいます。
次の日には覚えていない人もいて、正直酒の席でセクハラ発言をするなと言っても無理です。
それに少なくとも私が共に酒を飲む女性は、半分が積極的に下ネタ会話に参加しています。
まあ今でこそ時効と言う事で大昔の話をすると、高校生レベルでも下ネタ会話を積極的にします。
あの時は正直ショックでしたね。{苦笑}
私の女子高生に対する夢が全て打ち砕かれた瞬間でした。
逆に言えば、あの時私は女子高生からセクハラされた側という事になりますね。
本当に気分が悪かったですよ。
でも、それをセクハラとして訴えるとか、そういう気持ちは今も無いですけれどね。

そんなわけで、セクハラという犯罪にはいくつも問題点があります。
性的でない言葉も含めて、人を不快にする発言なんてものはいくつもあるのです。
そしてそれは人それぞれであり、一概には言えません。
そんなものを犯罪とするには無理があるのです。

私は男ですが、女性からセクハラ発言になり得る事を言われた事もありますよ。
不快な思いをする事も何度もあります。
それでも、それを犯罪とするのには、正直違和感を覚えます。
道義的道徳的な問題であって、犯罪とするにはそこから一歩先というか、ハッキリとした行為が必要かと思います。

酒の席でみんなが盛り上がっているのに、自分だけ不快だからと文句が言えますかね。
男女の間の話なんだから、色々ありますよ。

今回の福田事務次官のセクハラ問題、セクハラをされたとされる女性記者は、ちゃんと伝えていたのでしょうか。
『そういう事を言うとセクハラですよ。止めてください。』
ちゃんとそう言っていたのにあえてそれを言い続けたとしたら、それは悪質な嫌がらせですから罪を問う事もできるでしょう。
でも、そういう事を伝えていなかった、或いは酒の席での話となると、二人きりなら男性側も勘違いしますよね。

その辺りがどうだったのかハッキリしないので私はその件に関してはなんとも言えませんが、セクハラという犯罪には問題点があるという事を、今日はお伝えしておきました。

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション