告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。
    参加の際にはコミュニティでの投稿に関するお願いも確認ください。

2018年5月31日木曜日

障碍者差別にするな!障碍者は何処まで助ける必要があるのか?

こんなニュースがありました。

『名古屋城の木造復元天守閣にエレベータを付けないのは障碍者差別だ!』
そんな言葉に対して、名古屋市河村市長は、エレベータを付けない判断をしました。

これは当然ですね。
少なくとも、これは『差別』には当たりませんから。

理由は簡単です。
何も無い所を何もないままにするのは、別に差別ではないからです。
何も無い所に差を付けるのが差別です。

例えば歩けない人の為に、全国全てに動く歩道を付けないのは差別でしょうか。
『最低限生きていく上で必要な部分は助けましょう』というのは国家として目指している所ですから否定しませんが、それ以上は個々の優しさによるものなのです。
だから『差別』や『人権』という言葉を使われると、逆にやりにくいですよね。
『障碍者も名古屋城の天守閣に登りたいので、エレベータを付けていただけませんか?』
そういうお願いであれば一考の余地はありますが、『差別だから作れ』は違います。

それにそもそも、障碍者ってなんでしょうか。
多かれ少なかれ、或いは重度か軽度の差はありますが、みんな障碍を持っていたりするのではいでしょうか。

例えば視力が悪いという事。
これも障碍と言えば障碍です。
だからメガネは国民無料配布、成人になったらレーシック手術費用はタダ、なんて事にするんでしょうか。
そうしないと差別でしょうか。
そんなわけありませんよね。

私事で言えばまだまだ色々な障碍がありますよ。
左利きなのはある意味障碍です。
この社会を生きる中でデメリットが多いです。
モノを買う時は大抵なかったり値段が高いです。
左利き支援をしてほしいです。

或いはサイズが合わないという事もあります。
男性平均より著しくサイズが違えば、買いたくても商品がありません。
小さい場合は女性ものを買う事になります。
ちゃんとサイズをそろえないのは差別でしょうか。

慢性の病気はどうでしょうか。
私は酷い時は週一で酷い下痢になる事があります。
こんなでは、トイレにすぐにいけないような職には付けませんね。
電車やバスの運転手とか、飲食店で働くのもかなり辛かったです。
電車やバスの運転席をトイレにしないと差別でしょうか。
まあそれはそれで面白いアイデアですが、そんな義務はありません。

他にも私はそれなりの睡眠時間が必要ですし、早起きすると体調が悪くなる可能性が高くなります。
最近仕方なく早起きを続けて半年になりますが、既に去年の2倍くらい体調の悪い日があります。
体調が悪くなると鼻水が止まりません。
下を向いての作業ができなくなりますから、デスクワークなんて到底できる状態ではなくなります。
そんなに頻繁に休ませてくれる会社、或いは遅い時間からの出勤で大丈夫な会社はどれくらいあるのでしょうか。
我慢できるだろうと思う人もいるかもしれませんが、私はその時は鼻にティッシュを詰め、15分に1回取り換えるくらいでないと駄目になるんですよ。
取り換える時はゴミ箱の上でティッシュを外すのですが、外した途端ダラダラと鼻水が出て鼻提灯までできます。
こんなになるのに、会社でデスクワークができるでしょうか。
薬でなんとかするにしても、眠くなったり、そのお金はどうするんでしょうかね。

このように、何にしてもみんな差はありますが、それぞれに障碍と言える何かを持っていたりするわけです。
だから自分でなんとか生きていけるレベルにあれば、後は自分でなんとかするのが基本になるわけです。

さて、お城にエレベータが無いと生きて行けないでしょうか。
サービスとしてそういう人を助ける為に何かをしてあげるのはとても良い事だと思います。
できる限りそうあるべきだとも思います。
でも、それが無いと差別批判するのは全く当てはまらないと思います。
こういう行き過ぎた差別批判は止めて欲しいですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション