告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。
    参加の際にはコミュニティでの投稿に関するお願いも確認ください。

2018年6月1日金曜日

女性はか弱い存在だから守られるはず!憲法9条があれば日本は攻撃されない?

私は男性ですから、女性の本当の気持ちは分かりません。
だから最近色々な女性の意見を見て回っていたのですが、その時少し思った事を書きます。

女性は男性を怖いと思っているという話を目にしました。
確かに女性は男性よりも体力的に劣るわけで、そう感じるのも無理はありません。
でも男性の私から見れば、だからこそ男性を怖がらずにいられる社会が、日本ではつくらているのではないかと思うわけです。

女性を守るものは一体なんでしょうか。
一つは男性も共通ですが、警察というハードです。
そして他にも、法律というソフトが男性と共通してあります。
しかし女性には、それ以外にもソフトが存在します。
それが、風潮であったり、教育であったり、文化であったりします。

例えば男性は女性を守るものだと教えられます。
女性に暴力を振るうなんて最低だという風潮があります。
顔に傷でも付けようものなら、罪は男性相手よりも大きくなります。
だから普通の男性は、女性に暴力を振るうなんてありえないのです。
最悪あったとしても、本気で殴ったりはしません。
そんな日本ですから、私は『女性の方が男性を怖がる必要がない』という風に考える所もあるのです。
言いたい事も女性の方が言いやすいと思っています。

ただ、事犯罪という風に考えると、やはり女性の方が狙われやすく、そういう意味で男性を怖がる女性ってのが一定数いるのかなと、それは仕方がない所かと、私は思ったりしていたわけです。

そんな時、ふと憲法9条が思い浮かびました。
憲法9条って、ある意味この話に似ているのではないかと思うわけです。
女性が弱くかわいらしい存在であるから、男性は守り暴力を振るったりはしません。
日本は憲法9条があるから、外国は攻撃してこないのです。
でも、男性が怖いのですよね。
実際女性が狙われる犯罪もありますよね。
だったら、吉田沙保里選手のように強くなればどうでしょうか。
これが憲法9条改正という事と重なる気がするのです。

男に『女性はか弱い存在だから攻撃してはいけません!』って言うのは、中国の憲法に9条と追加するようなものです。
そう考えると、確かに『風潮』や『教育』や『文化』があっても、男性を怖いと感じる気持ちが分かります。
中国の憲法にそんなものがあっても、関係ありませんから。
女性が本当の意味で男性を怖がらない為には、吉田沙保里選手のように強くならなければならないわけです。

でも流石にそんな事は無理ですよね。
だから女性が男性を怖く思う事は、どれだけ頑張ってもなかなか無くす事はできないでしょう。

しかし国は違います。
憲法9条を改正して、吉田選手のように強くなれるのです。
そして、自衛隊を強化する事で、ボディーガードを付けることまでできるのです。
そしたら安心ですね。
今はアメリカという警察がいますが、女性の気持ちを考えれば、それだけでは安心できないという事が分かります。
安心する為には、憲法9条を改正し、自衛隊を強化するしかないのです。

それは、女性が吉田選手のように強くなり、警察のいる町で、ボディーガードに守られているようなものです。
こうなれば安心ですね。

そんなわけで、日本は女性なのです。
いくらか弱く可愛い存在であっても、やはり中国やロシア、北朝鮮という男性は怖いのです。
そして犯罪者は、そんな女性こそ襲ってくるのです。
憲法9条を改正し、吉田選手のように強く、そして自衛隊を強化し、ボディーガードを付けましょう。

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション