告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2017年10月22日日曜日

選挙速報に出ている小泉進次郎はやはり総理の器だ!ただまだまだ甘いし人それぞれできる事とできない事があると知ってほしいね!

小泉進次郎は勢いとか総理大臣資質は持っていますね。
テレビで今も色々喋ってますが、人気がでるのは分かります。

ただ、中身がまだまだ伴っていないし、一部の国民の声を聞き過ぎている気がしますね。
少数意見も聞く必要はありますが、それが行き過ぎてメインになるのは間違っています。
少数意見を無碍にはしないけれど、基本は多数意見を聞くのが民主主義です。
少数意見に説得力が有れば、いずれ多数意見になるはずですから。
時間はかけて見極めていかなければなりませんけれどね。

加計学園の問題は、安倍総理が自信を持って言えばいいというのはその通りです。
悪い事をしているわけではないし、守りに入り過ぎだというのも分かります。
でも、これ以上の説明を総理に求めるのも違いますし、安倍総理は残念ながらそういうキャラではないんですよね。
小泉進次郎ならそれができますが、安倍晋三の良い所は、人が好過ぎる所なのですからやりづらいです。

説明不足と言われる事にしても、ちゃんと報道がそれを国民に伝えないと、いくら説明しても説明不足と言われます。
説明は既に出そろっています。
それを国民が得ようとする努力をしないと、これ以上は得られないのです。

まあ『国民が勉強不足だから駄目だ!』とか『メディアがちゃんと伝えてくれないからダメだ!』なんて言って敵を増やすわけにもいかないし、小泉進次郎も辛い所なのは分かります。
ただ、言わなくていい事まで言ってここまでメディア等を味方につける必要はあるんでしょうかね。
その中で安倍自民党が圧勝というのはある意味良い事なのでしょうけれど。
両方の意見を取り込む作戦ですかね?
それだったら凄いです。

とりあえず、今の小泉進次郎議員は、まだまだ危うさが結構あるように思います。
少なくとも中身がまだまだ無いです。
小池百合子都知事と比べるのもアレですが、今は似たようなものです。
ただ素質はあるので、これから上手く成長して良い政治家になってほしいですね。

2017年10月21日土曜日

秋田の弁護士殺害事件について 報道を見た感想

秋田の弁護士殺害事件が報道されていました。
事件をザックリ言うと、弁護士宅に犯人が押し入りました。
妻はすぐに警察に電話します。
そして来た警察は、その時『拳銃を持っていた弁護士』を取り押さえました。
その後、その取り押さえられた弁護士を犯人が刺殺したという事件です。

これで警察の過失を訴えたわけですが、裁判官の判決は過失とは言えないというものです。
説明として『秋田は平和でこういう事件を想定した訓練を受けておらず‥‥』というのです。
これを聞いたある人は、『これはおかしいだろ?!』と言っておりました。
確かに言い訳としてはおかしな感じがします。

ですが!!

同じ日本とはいえ地方には地方の文化土地柄がありますし、一言では否定できません。
こんな事件が起こるなんて思ってもみなかったと言われれば、それはそうなのかもしれないのです。
もちろんこれが国家防衛だとしたら取り返しがつかないので言い訳にはなりません。
ですが地方の土地柄としてなら、それはそれなりに聞く必要があります。

全世界日本の価値観を押し付けていいでしょうか?
そんなわけにはいかないのです。

とは言っても秋田も日本ですから、日本の法律によって、統一された価値観で判決を出さなければなりません。
人も1人亡くなっているわけですし、地方の文化で済ませられるものでもないのです。

では警察に過失があったのかと言われると、それも少しクエスチョンです。
駆け付けた所に拳銃を持った人がいたら、当然取り押さえますよね。
たとえその人が、『犯人はあっちだ!』と言った所で、それを聞き入れるのも違うでしょう。
離したら撃たれた!なんて事になる可能性だってあるのです。

この事件は、警察の過失を認めるのは違うと思います。
だからと言って弁護士が刺されて亡くなったのも無視はできません。

何が、誰が悪いのでしょうか。
当然犯人が全て一番悪いのです。
この裁判の判決は、訴え側の希望を受け入れるのも違いますし、逆もまた然りです。
私はこういう裁判は、『警察に過失は無かった。犯人に刑罰以外に被害者への賠償金も命じる』のが正しいと思います。
そしてそのお金を犯人が支払えない場合は、警察官ではなく警察が支払いを保障するのが良いと私は思います。

これは単純に今安易に思った感想です。
こういう判決を出せない理由とかあるのかもしれませんが、こういう判決が出せるような法整備はあって良い気がします。
どうでしょう?{笑}

さて、明日は選挙の投票日ですが、最高裁判所裁判官国民審査もあります。
今からでも遅くないので、よく考えて投票に行きたいですね。

2017年10月18日水曜日

日産が不正?検査資格の無い人がチェックしていた?でもこれって普通でしょ?!

テレビを見ていたら、日産の不正が報道されていました。
先日は神戸製鋼も何やら報道されていましたね。
でもこれって、普通に社会に出て働いている、特に若者から見れば当然だと思うのではないでしょうか。

バブルの頃から、企業は何処も人手不足でした。
そして崩壊後は経費削減でますます人手不足になっています。
上の者は言った通り下ができない事を知っていながら見ないようにしています。
不正しないと仕事が回らない事も知っているのです。

それが法的にどうとかは別にしてね。

例えば1時間頑張れば100個は作れる部品が有ったとしましょう。
上司は従業員に8時間で800個作れと言います。
これって可能だと思いますか?
数字の上では可能ですが、人は疲れもすればトイレにも行きます。
この時点で難しいのです。
更に従業員の中でリーダー格の人には他の人がしっかり仕事をするよう監視と指導まで任せます。
もう不可能な事を言うのです。
だったら言われた方はクオリティを落とさない範囲で不正するしかないじゃないですか?
そして言う方も、経費削減を徹底しないと利益が上がらない態勢でやっているわけですから、言わざるを得ないんですね。

デフレ経済は、こういったマイナスをドンドン生みました。
今ようやく変わり始めてはいますが、一方で楽をして金を多く儲ける人もいますから、その分不正は増えますよ。
少なくとも製造業とかサービスを生み出していく仕事はね。
ハッキリ言って色々と安すぎますよ。
働いてみたら分かります。
ヘトヘトになるまで働いても、利益はこれだけしかないのかと思いますよ。

もう少し余裕を持って仕事ができる環境にしないと、不正は増えます。
ただ、昔は許されていたけれど、今は許されない事って結構あって、それがまた大変だったりするんですよね。
許されない事が増えれば売値を上げて人員を確保しないと本当はいけないんですけれど、デフレの中ではそれもできません。
デフレ経済を作りながら、色々規制を作っていった過去の政治が悪いですよ。

今は安倍総理がそれをなんとか改善しようと頑張っていますが、まあまだまだこれからでしょうね。

とにかく、不正はせざるを得ない体質の会社って結構多いと思います。
それが違法かそうでないかは別にしてね。
コンプライアンスとかただの飾りですよ。

2017年10月17日火曜日

男女平等を訴えた末、女尊男卑になっている現実

今回の衆議院総選挙ですが、新聞に『女性候補者の数はまだまだ少ない』みたいな事が書かれていました。
私は別に政治家として優秀な人で有れば性別なんてどうでもいいと思っているわけですが、何故か女性比を増やしたい人がいるようですね。
それは社会進出に関しても同じ事が言えます。
男女平等を訴え、男性も女性も同じように社会に出て働くようにしようとしているわけです。

でもこれ、やっぱり間違いだと私は感じます。

私は恥ずかしながら、本業が上手くいかずに、最近はアルバイトも探さなくてはならなくなりました。
まあでも現在は人手不足と言われているわけですから、多少健康に問題がある私でもすぐに見つかるだろうと思っていたわけです。
でも実際に応募してみると‥‥

『それは女性限定なんですよね』
『職場は女性中心で‥‥』

社会では女性が虐げられているとか言いながら、実はアルバイトなんかは女性の方が圧倒的に多いのです。

経済を動かす社会は男性が、地域社会を支えるのは女性が行ってきたのが日本です。
これには当然理由があって、それが適材適所だったからです。
例えば病院、或いは介護施設で、女性の世話は男性ではなかなかできませんよね。
女性患者はやはり恥ずかしいですから、女性の世話は男性では務められないのです。
そういうのって実は結構多いのです。
実際にこの年でバイトを選んで探していたら分かりました。

つまり女性が社会進出をすることで男性の職が奪われ、地域社会の人手が足りなくなっているのが現実ではないでしょうか。

別に実力があるのなら、私は女性の社会進出は一向にかまわないと思っています。
最低限子供の教育はしっかりとやってもらいたいですが、それができるのならやりたい事をやってかまいません。
ただ、無理に女性を採用したりするのはやり過ぎではないでしょうか。

もちろん、男性にしかできないアルバイトってのもありますよ。
力仕事や深夜の仕事なんかはそうですね。
でも、年をとってからできる仕事となると、やはり女性の方が圧倒的に選べそうです。

別にそれに対して泣き言を言っているわけではありませんよ。
本業が上手くいっていないと言っても、何もないわけではありませんから。
ただ、これだけ人手不足と言われていても、年をとった男性にできるものは少ないって事ですよ。
その辺りよく考えて、もう少し社会の在り方は自然に任せた方がいいのではないかと思うのです。

平等よりも公平を求めましょう。
ちゃんと適材適所で社会の役割は決めていきたいですね。

2017年10月13日金曜日

【 #パズドラ 攻略】パズドラレーダーの対戦、頑張ってます!パズルが下手な私でも五分以上の戦い!

昨日からパズドラレーダーの対戦が来ています。
皆さん頑張っているんでしょうかね。
無課金だと正直良いソウルアーマーが手に入らなかった時点でやる気を無くしているのではないでしょうか。
私は運良くと申しましょうか、おそらく運営さんの優しさだと思うのですが、レア度の割にはかなり強いアーマーを手に入れる事ができて、6割以上の勝率を維持できております。


ちなみに銀、☆5の通常レアなんですが、ウミサチヤマサチですね。
本編ではとても欲しかったモンスターですが、残念ながら未だに引けておりません。
でもこちらで引けたのは良かったです。
なんと言ってもヤマサチは今の天皇陛下のご先祖様に当たるのです。
なんとなく欲しいじゃないですか。

さて、そんなウミサチヤマサチですが、リーダースキルはやや使いにくい4色リーダーです。
欠損が即そのターンの敗北を意味します。
だからメチャメチャ強いわけではないですが、倍率は高いし、欠損を補える変換要員がいればかなり戦えるんですね。
それで、実は私にはウミサチヤマサチのメダルがあったんですね。
最初にモンスターにしたのがウミサチヤマサチでした。
その後にガチャを引いたらウミサチヤマサチのアーマーが出たので、これっておそらくそういう仕様なんじゃないかと思っています。
ゲームが楽しめるようにと、運営が上手くやってくれているのです。
というか、持っている強モンスターが活きるアーマーが最初に出るようになってるんじゃないですかね。
なんとなくそんな気がします。
それにしてもウミサチヤマサチ、銀メダルで☆5ですが、邪魔されなければ強いですよ。

パーティーはこんな感じです。


最初始めた頃とはえらく違っています。
最初からレギュラーなのはウミサチヤマサチだけですね。

グリプスライダーの所にはイザナギが入っていました。
タダの光埋め要員でしたが、今は光、或いは闇の欠損を補ってくれます。
続いてリリスの所は最初に変更しました。
最初はクラーケンを入れていたんですね。
暗闇で邪魔するのは強かったですから。
でも上手い人には全く通用しないので外しました。
というか毒のリリスが強いですからね。
続いてパールは、最後に今のパーティーに入りました。
元々はグリフォンを入れてバインドをしていたのですが、1ターンの勝利を得るより、ステータスが高いパールの方が接戦に強くなるので交代しました。
ジークフリートの所は、デフォルトでも利用されているカーバンクルが入っていました。
バインド対策ですね。
ただ、何ターンもバインドしてくる人は少ないし、強い人ほど最終的にはバインドは使わなくなるでしょうから、対策は外しました。
何故バインドを使わなくなるかは、オタクサイトの方で書いてますのでそちらをどうぞ。

このパーティーでの戦い方は、序盤に盤面が良い時にリリスを使って、2ターン必ず取に行きます。
木ドロップ以外の欠損は変換でなんとかなりますから、概ね初ターンですね。
木ドロップが欠損している場合は、パールを使って回復しまくり、徹底的に守ります。
そして勝負に行った2ターン目に欠損があってどうにもならない場合は、ウミサチヤマサチのスキルを使います。
そして3ターン目以降はリーダースキルを使いつつ守りながら後は全力で攻撃するだけです。
木以外の欠損はなんとかなるので、大抵の敵はパズルさえミスらなければ、有利に戦えます。
ただし邪魔されたりしたら私のパズル力では負ける事も多く、バインドされたら終わりです。
でもこんな私でもまともに戦えばかなりやれるパーティーです。

今欲しいのはエンドラとかですかね。
木属性の補充要員はいいです。
それとジークの所、火を水に変換できるヤツの方が欲しいかもです。
回復は意外と強いんですよこのゲーム。
徹底的に守るチームも有りなんじゃないかと思います。
まあ判定で絶対負けますけどね。{笑}
そんなわけで、私のパズドレの現状でした。
あんまり複雑化しない限りは、ちょくちょくやっていこうと思っています。

2017年10月11日水曜日

マニフェストって必要なの?読むなら色々と勉強してから隅々まで熟読しよう!

衆議院の選挙戦がスタートしました。
各党マニフェストを出していますし、これから国民はそれらを見てどの党に投票するのか決めるのだと思います。
でもですね、マニフェストって本当に読む価値があるんですかね。
大抵が口だけで、或いは聞こえの良い言葉が並んでいますが、それによって政治にプラスになった結果があったでしょうか。

例えば最近で言えば、都知事選挙で当選した小池都知事。
色々都政の改革を訴え、都民の声を力にして実際に都議会議員を一掃しましたね。
しかしその結果何が生まれたでしょうか。
混乱、遅れ、税金の無駄遣いと、都民にとってマイナスばかりが目立ちます。
みんな改革改革と簡単に言いますが、少なくとも改革にはデメリットが確実にあります。
一方メリットは、やってみなくちゃ分からない所が大きいです。
そんな改革、望むべきなんですかね。
今がどん底で、改革にメリットしかないというのなら分かりますが、普通は少しずつ様子を見ながら変えていくものです。
日本という国は、なんだかんだ言ってもトップクラスの先進国で、とても良い国なのです。
そんな国で、大きな改革というのはそれほど必要ではないのです。
その時々に必要な事を様子を見ながらやっていく事が必要なのです。

民主党政権の前辺りからマニフェストって言われるようになりましたよね。
それで民主党政権になってどうなったでしょうか。
マニフェストは概ね達成できず、やった事はことごとく混乱を生みました。
なんだかんだ自民党のやって来た事が正しかったと証明されてしまったわけです。
沖縄基地問題にしても、二酸化炭素削減にしても、安全保障の問題にしても、全てが悪い方向に進んだのではないでしょうか。
マニフェストなんて適当に理想を言っているだけな場合が多いです。
それが上手くできるのならそれに越した事はありませんが、できもしない事を訴えている政党が多いという事も理解しておくべきでしょう。

本来は国民もしっかりと勉強し、どれができてどれができないのか見極められたらいう事はありません。
それならマニフェストを熟読すればその政党がどんな政党か見えてきます。
例えば『景気を良くします!』と言いながら、公共事業を削減し、歳出を減らすとか言っていたらそれは駄目な政党だと分かるでしょう。
でも何も知らなければ、『そうか、何かやってくれるのか!』と納得してしまいます。
マニフェストは、しっかり勉強した国民が見てこそ出す価値のあるものですが、現状はあまり価値の無いものですよね。
しかもマスコミ報道によって印象操作がされていたりしますから最悪です。
今回の選挙、何故か『消費税の増税が争点』とかいつの間にか言われていたりします。
そんなもの争点でもなんでもありません。
確かに自民党の見解として、『今の所予定通りです。ただ、増税分の使い道に関しては見直すつもりです。』と言ったに過ぎないのですが、何故かもう増税する事になっています。
増税は、経済状況や社会状況を見て判断するとなっているじゃないですか。
勝手に『自民党は増税派』と決めつけられているのです。
これはおかしな話ですよね。
世間に出ているマニフェストなんてそんなものです。
ある程度政治を勉強している人ならマニフェストを熟読して支持政党を決めるのもいいですが、口だけ、或いは理想を言っているだけの政党もありますから、マニフェストはあまり意味が無いと私は思います。

大切なのは、これまでの実績ですよ。
誰が、どの政党が、どういう結果を残してきたのかという事です。
国会を混乱させただけの政党、決まっていた事をひっかきまわして混乱を生んだ人、政策を語らずだた批判ばかりしている政党、まあこんな政党や人に投票する意味はありませんよね。
少なくとも、結果は良かったかどうかは分からないけれど、少しでも評価できる事をしている人を私なら支持しますよ。

それに時は刻一刻と流れ、状況もドンドン変わっていきますからね。
その時々最善を尽くすのが政治ですよ。
長い目でやる政策もありますが、ちゃんと対応していけるかが重要です。
これから増税するまでの間にインフレ率が10%を超えるような超インフレが来るかもしれないわけで、そしたら喜んで増税しましょうってなるわけです。
逆ならやっぱり増税は止めましょうという話にもなります。
これを争点にするべき時もあるでしょうが、今は違います。

とにかく、マニフェストはそんなに重要なものではありません。
大切なのはその時々の実際の政治です。
必要な時に必要な訴えをして、結果を残している人や政党を支持したいですね。
これは野党でもできます。
国民はできる限りしっかりと勉強して、選挙に行ってほしいと思います。

ちなみに、マニフェストが全くの無意味と言っているわけではないですよ。
常に一貫した姿勢を貫いている政党もあるわけですし、今のスタンスが本来なら分かるわけですから。
ただ、それはしっかりと政治や世の中の勉強をしている人にとっては意味がありますが、あまり勉強していない人にとっては意味がないという話です。
もしも、マニフェストを見ればちゃんと正しい判断ができるのなら、民主党政権を選ぶなんて事は無かったはずですからね。

2017年10月10日火曜日

選挙の公示日 衆院選がスタート さてどうしようか?

全く政治を勉強していない人の話を聞くと、正直頭がおかしくなります。{笑}
頼むから少しくらい勉強して発言してほしいと思うわけですが、普通の人ってのはそんなもんなんですよね。
それを参考に、我々少しでも日本を良くしていきたいと思っている人は何かをやらなければならないのです。

まあ、私もまだまだ勉強不足で、断言できるほどではありません。
私が間違っていると思う人は、分かりやすく説得して下さるとありがたいです。
私は意見を聞いてそれが正しいと思ったら、即座に考えを変えます。{苦笑}
自分の考えにまだまだ確固たる自信はないのです。

何故か全く勉強していない人は、間違った考えを自信を持って言うんですよね。
勉強して一度考えが変わっている方が、やはり自信を無くすのでしょうか。

さて、今日は私のコミュ『日本を考える会』の方で色々と疑問をぶつけてくださっている人がおられたので、こちらでそれらに関して知っている事を話したいと思います。
ちゃんと政治を勉強してくださっている人に対しては、知っている事を普通に話せますから助かります。
勉強していない人はもう根本から話ができませんからね。

ちなみに政治の知識は、テレビや新聞だけではほとんど得る事ができません。
雑誌やインターネット、講演や書籍、色々な所から情報を得る必要があります。
それらを色々と照らし合わせ、どれが正しいのかを判断するのです。
その判断が間違っていたら、或いは当然それぞれに考えがあるでしょうからその部分で違ってきます。
その部分を議論するのが、真の政治議論だと私は考えます。

では早速意見を見て行きます。
まず、『今回の選挙に大義はあるのか?』という所です。
私は無いと考えます。
ただし、理由はあると思いますよ。
理由なく解散はしませんし、そこは安倍総理を信じるか信じないかだけではないでしょうか。
選挙に勝つ為に希望の党に移った人は、『まずは政治家でなければならない』と言っていましたが、これは間違ってはいません。
選挙に負けて政治家でなくなったら政治家活動はできないのです。
ただし、そこに大義があるのかと言えば、希望の党に移った人には疑問があります。
政策の違う党に行って、それにいやいやしたがって何を成せるのでしょうか。
もちろん内部から変えて乗っ取るとか、色々方法はあるでしょうが、少なくとも私には信用はできませんね。

安倍総理が今選挙をするのは、勝つ為です。
そしてそれが必要なのは、戦後レジームの脱却という大義を成す為だと私は判断しています。
部分的に言えば憲法改正なんかでしょうね。

続いてアベノミクスです。
アベノミクスが上手くいくかどうかは、国民がどれだけ安倍総理を支持できるかにかかっています。
アベノミクスの最大の抵抗勢力は財務省です。
腐敗した官僚に対抗するには、国民の支持が不可欠なのです。
そういう意味で、一時安倍内閣の支持率が落ちたのは大きなマイナスでした。
だから今回増税に関して言及し、選挙戦を戦わざるを得なくなったのです。
しかし、私の得た情報によると、安倍総理は増税には反対の立場だそうです。
何か大きな事が起こらない限り予定通り増税すると言ってはいますが、何かが起これば増税は止められるわけですね。
その何かが起こる可能性が現在極めて高い状況にあると聞いています。
それが何かは分かりませんが、例えば北朝鮮有事かもしれませんし、韓国発の通貨危機かもしれません。
そういう情報がある以上、私は今はそれを信じています。
まだ増税されない可能性はかなり高いとみています。
ちなみに他の政党が政権を取ったら、今ほどの支持率は得られないでしょうから、確実に増税されるでしょうね。
反対と言っても財務省の力には勝てないのです。

消費税の上げ方として、税率を一律にしないという話もあります。
食料や新聞などと他は分けて考えようという話です。
でもこういうのはシステムを複雑化し、悪い利権が生まれ不正が生まれる元になると私は考えています。
私は消費税は一律10%で良いと思っています。
ただし、低所得者の所得税を下げるべきだと考えます。
例えば今、扶養控除は103万以下でしたっけ?
それを例えば150万にするとか、一律63万円だったか引かれている所得軽減を100万にするとか、少し底上げすればいいのです。
そうする事で低所得者も特に生活が困る自体にはならないでしょう。

花粉症ゼロとか、この辺りは正直訳が分かりません。
スギやヒノキを全て切るって事ですか?
この辺りは勉強していないので何とも言えませんが、単純に公約としては違う気がします。
一応方法が知りたいですね。
知っている方がいたら教えてください。

隠蔽ゼロは、まずは自分達もできていないと聞きますよ。
離党した都議会議員が何やら言っていましたよね。
それに何でも国民に言って納得してもらわなければならないとか、完全に外交やら駆け引きに負けますよ。
国民の希望通りにやったから戦争して失敗した過去があるじゃないですか。
何故国民が政治家を選び、政治家が政治をするのでしょうか。
全ての国民が政治のプロにはなれないからです。
だから政治家を選んで後は任せるわけです。
任せたのなら、後は任せた人をある程度は信じるしかないのです。
結果が悪かったらその時責めるしかないのです。

待機児童に関しては、認可保育所にこだわらなければあります。
そして足りないと言われているのはほぼ東京だけです。
こんなものを問題視する意味が分かりません。
保育園から義務教育にでもしろというのでしょうか。
義務教育ってのも実はマイナス面が多くて、江戸の頃より義務教育が始まってからの方がバカが増えたと言います。
勉強が楽しかった時代から、勉強が苦痛に思える時代に変わったんですよね。
今は社会の在り方を考えても義務教育は必要ですが、教育はできるだけ自由な方が良いですよ。
子供の教育くらいは親がやるべきだと私は思います。

移動困難者ゼロは、確かラッシュを無くすとかって話ですよね。
電車でも増やすのでしょうか。
方法と財源を提示してほしいです。

企業献金ゼロですか。
政府と企業は、つながりを全く無くす事はできません。
緊密に連携しておかなければならない部分もあります。
国策として優遇すべき企業もあるのです。
正直ゼロにする必要はありません。

立憲民主党は、第二共産党ですよね。{汗}
私はそう感じます。

憲法9条に関しては、私は日本国憲法自体に疑問を持っているので、正直どうでも良い感じです。
ただ、下手に変えるよりは9条に追記するのはありなのでしょう。
1条とかその辺りを『改悪』するよりはマシですから。
今の政治家の状況を見れば、今全面的に変えるのは危険に感じます。
テレビと新聞だけの世代がいなくなり、国民みんながもう少し賢くなってからの方が良い気がします。
ただし、国防に関しては早急に行う必要があります。
防衛費予算を大幅に上げる方向で考えるべきですね。
憲法はその後でも良いです。

共産党とか、国防に関しては現実的ではありませんね。
そもそも日本人は、或いは日本の政治家も戦争したいなんて思っていないのです。
でも相手が攻撃して来たら守らないといけないのです。
あなたは拳銃を持っている人と丸腰の人、どちらかを倒さなければならない時、どっちを攻撃しますか?
子供でも分かる理屈ですよね。

腐敗を根本から正す、ですか。
利権と腐敗は違いますよ。
利権が有ってもそれが国の為国民の為ならいいのです。
腐敗は正さなければなりません。
まずは何が腐敗でどういうデメリットがあるのか知りたいですね。
財務省に、増税したら出世するという腐敗があって、増税されて国民が苦しんでいるというのは分かります。{笑}
まあこの裏にも色々と理由があるのかもしれませんし、私は断言はできません。
でも事実増税を止めてメリットがあって、増税して景気が悪くなっているのだから、結果から見れば財務省の腐敗ですよ。
もしかしたらそのデメリットの裏に、大きな国民のメリットが隠れているかもしれませんけれどね。
そこはもう政治家に任せるしかないのです。

維新の党‥‥ちょっと分かりません。{汗}
自由党は‥‥うん、今では存在感がゼロですね。

そんなわけで、私の知るところ、思うところを書いてみました。
私の考えが全て正しいわけでもないし、情報も聞いた話ですから確実ではありません。
ただ、少し政治を勉強した人はこんな考えを持っている、こんな知識を持っているという参考程度に理解してくれたら幸いです。

2017年10月2日月曜日

冷静に考えて『小池百合子を総理大臣にしていいの?』って思うよ‥‥風とかそんなもので決めるのは日本人にとって風邪のようなもの

小池新党は、将来の二大政党制を目指してスタートするようですね。
二大政党制と言えばアメリカでもそうであるように、『いいもの』というイメージがあります。
確かに競争相手がある方がお互いしっかりと仕事をしようという気になるのかもしれませんし、その方が良いのはそうだとは思いますが、果たしてそれは希望の党でいいのでしょうか。
どんな政党でも良いという考えでやって民主党で失敗したのは、まだまだ記憶に新しい所です。
しかもその党首となるのが小池百合子都知事です。
過去の民主党よりはマシかもしれませんが、本当にこれでいいのでしょうか。

少なくとも、日本国民と国を愛し、その為に頑張ろうという最低限どんな政治家も持っておかなければならない部分は、皆が一致して持っている政党でなければならないと思うのです。

それが小池百合子都知事から感じられますか?

少し前、蓮舫氏がかなりの批判を浴びていました。
言っている事が嘘ばかりで、自分の都合のいいように発言する人だったとバレたわけです。
小池氏もそれに近いですよね。
自分の都合の良いように発言を変えます。
小池氏の場合は嘘ではないかもしれませんが、思想信念が全くありません。
あるとすれば、『選挙に勝つ為にはどうしたらいいか。どういう発言をしたら国民にウケるか?』そういう所を大切にするところです。
コロコロ政党を替え、色々な人から離れてきました。
私は信念なんてものは好きではありませんし、自分と考えが違うのなら政党や一緒にやる人を替えるのはアリだとは思います。
でもそれは、国民の為を思って『何かが違う』と感じたからであるべきです。
選挙に勝つ為では駄目なのです。

小池氏は都知事になって何を成しましたか?

結局都政を混乱させ、オリンピックの準備も遅れる事になりました。
豊洲移転も遅れ、都民の税金が無駄に使われ続けています。
多少都政の裏の部分が見える事はありましたが、結局できたのは都議会議員の入れ替えだけです。
それは結局『選挙に勝つ』という事です。
小池氏はそれ以外は何もできておらず、また逆に混乱を招いているだけなのです。

それに、希望の党の党員を見てください。

結局半数以上は『元民進党議員』となりそうです。
それって新党ですか?
新しい風を吹かせ、しがらみの無い政治ができますか?
あれほど駄目だった民主党員が大勢いる第二民主党ではないですか。
全てが駄目だとは言いませんし、一つ経験して成長はしているでしょうけれど、私には二大政党制の一角を担える党になり得るとは思えません。

小池百合子の風だなんだと言って持ち上げられ、そんな一瞬の風に乗るのは危険です。
だいたいこんな何も成していない人、ただ選挙に勝つだけの人の風に乗るのは、国民の風邪のようなものです。
最近急に涼しくなってきましたので、風邪をひかないように気を付けてください。

そういえば、選挙に勝つ事だけの人って、過去にもいましたよね。
そして今も再び名前が挙がってきています。
小池氏もその人と同じですよ。
結局何も成さず、ただ選挙に勝ってひっかきまわすだけの壊し屋。
そんな人や政党には、私は投票したくないですね。

サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション