秋華神社(サイト入口)はこちら

2019年11月28日木曜日

『今よりマシ』を合言葉に国民が団結できればと思うわけだけど‥‥今の与野党談合政治を変えるには?!

正直話す内容がまとまっていないので、思いつきで書いていきますよ。{笑}

左派とか右派とか分かれていますが、そもそも人間ってのは誰一人同じ考えを持っている事なんてありませんね。
だから同じ左派でも喧嘩をするし、右派同士も連携できずにいます。
私だって今はどちらかというと右派を支持していますが、別に右派になったつもりもありませんし、全ては是々非々なんですよね。
だからこんな状態で今の与野党談合の自民党体制を変えようなんて、まず無理だと思うわけです。

現在自民党政治がそれなりに支持されているのは、代わる政党がいないからです。
野党のトップであるなんちゃら民主党は、どちらも自民党の政権維持に協力しているように見えます。
本気で政権交代を狙っているとはとても思えません。
一部狙っている人もいるでしょうが、それは『自民党を潰し混乱させよう』としているように見えます。
そういう人と、馬鹿な野党を演じて自民党を安定与党にしようとしている人の利害が一致し、それが野党を形成していると、私にはそう見えます。

このまま自民党与党が続くと、政治は腐敗し、既得権政治が固まり大きくなるだけで、決して良いモノではありません。
少しずつ日本は悪くなっていく、その流れの中に今はあるのです。
これ、実は私が『民主党政権誕生前』にも言っていた事なんですね。
みんな分かっていたのです。
自民党に任せていたら、日本は徐々に悪くなっていくから、この辺りでお灸をすえる政権交代が必要だってね。

でも実際に政権交代したらどうでしょうか。
逆に悪くなる速度が加速してしまったではないですか。
悪夢の民主党政権ですね。
流石にこの方法は失敗だと思ったのか、国民はすぐに自民党政権へと戻しました。
この結果、確かに少しは自民党が目覚めましたし、民主党にやらせたリスクも大きく、国民は『だったら自民党でいいや』と、消極的な諦め感に気持ちを支配される事になったのです。

さてそれから何年も安倍政権が続きました。
結果はどうでしょうか。
民主党政権下で決められたとは言え、消費税は5%から10%に上がりました。
金融緩和をしてもまだデフレは脱却できていません。
財政出動や規制改革という第二第三の矢はほぼ放たれず仕舞いです。
雇用は改善し、外交はそれなりに上手く行っているとはいえ、憲法改正も防衛費倍増もできていない状況で、果たして良かったと言えるのでしょうか。

全ては『他よりはマシ』という所ではないでしょうか。

雇用はこれから増税によってまた落ち始めているように思いますし、景気も後退です。
外交は上手く行っているようで、まだまだ中国の習近平を国賓として呼ばなければならない状況では良くなったとは思えません。
良くしても悪くなれば結局評価はし辛いですし、私が安倍政権でまともに評価できるとしたら、TPPを日本主導でまとめた事くらいではないでしょうか。
ほとんど、日本が良くなっている所なんて無く、むしろ悪くなっている所の方が多いように感じます。
外国人労働者が多く入り、今年は外国人の犯罪を多くニュースで目にしました。
日本最大の財産である治安の良さが失われつつあるのです。
プラスよりもマイナスの方が実は大きかった可能性もあるのです。

とはいえ、今の状況では、どうにもなりません。
分かっている人は分かっています。
今の安倍政権でも駄目だという事が。
しかし完全に安倍政権の対抗軸がなんちゃら民主党とパヨクになってしまっていて、ネトウヨが安倍政権に味方する形になる事で、今の体制が固まってきています。
これでは本当に、結局は少しずつ日本は悪くなるだけです。

パヨクじゃない左派もいますし、ネトウヨじゃない右派もいます。
でもそれらも選択肢が見つけられず、今の体制を守る事に手を貸してしまっています。
本当は、本当に安倍政権を打倒できる、国を良くしてくれる政党をお互い求めているはずなのです。

そこで思うのですが、『今よりはマシ』という事で、馬鹿は放っておいて、全員が一致団結できないかという事です。
少なくとも今よりはマシになればいいじゃないですか。
今の安倍政権程度で良いなら、本当に国を良くしようと思っている別の政党でも可能です。
民主党は、国を悪くしたい人がいたので上手く行きませんでしたが、たとえばみんなの党(政党ではないが)ならば、減税や規制改革、金融緩和に財政出動と、経済を良くしてくれる可能性は高いのです。
経済が良くなれば、防衛費も増えるし、将来不安もなくなり少子化が緩和されるでしょうし、日本の国際的な発言力も増します。
経済は全てに通じる大切な部分で、此処を良くしよう、『減税しよう』という部分には左派も右派も関係なく賛成できるのではないでしょうか。

合言葉は『今よりはマシ』程度でいいのです。
それをみんなで目指す事が、その為の投票行動を国民がすれば、日本は良い方向へと向かえるのではないでしょうか。

細かい政策とか言えば、おそらくみんな賛否があるのです。
私もそれでいいのかって思う部分はありますよ。
でも、今よりマシなら、その方が良いじゃないですか。
少しずつ、今よりマシにしていきましょうよ。

そんな風に思うわけですが、いかがでしょうか。

具体的に言えば、次の衆議院選挙では、なんちゃら民主党議員に入れるのは論外ですが、できれば自民党に投票もするべきではないと思います。
もちろん、中身で判断する場合は問題ありません。
例えば自民党の既得権に縛られた議員だけ全部落選すれば、自民党自体が生まれ変わりますからね。
でもできれば心を鬼にして、次の衆議院選挙では、それ以外の本当に日本の事を考えてくれる政党に入れるべきだと、私は思います。

考え方としては、この人に投票すれば勝てる可能性が有り、政策も『今よりはマシ』と思える、『政党名に民主』が入っていない政党の候補者って事ですね。
ああ、共産党と公明党も外す方がいいでしょう。
これが賢明な国民みんなでできれば、きっと日本は良い方向に変れると、少なくとも今よりはマシになると思います。

ちなみに私のこの考えは、ある方のほぼパクリです。{笑}
それを私なりに納得できる私の言葉に変えて書いたに過ぎません。
何にしても、国民が動かなければ日本は良い方向に向かいません。
みんなで何とかしたいですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス