告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2017年9月5日火曜日

北朝鮮が弾道ミサイルの実験をするのは日本のせいだ!という人がいるが‥‥逆の意味でその通り!

北朝鮮が弾道ミサイルの実験をするのは日本のせいだという人がいます。
日本が平和を訴え、武器を捨て対話を求めていればこんな事にはならなかったそうです。
でもそれ、逆なんですけれどね。

例えば弾道ミサイルの実験で、日本以外の上空を通過した事があったでしょうか。
韓国に実際に攻撃した時は倍返しされていますね。
それ以降戦闘は続いたでしょうか。
日本だけが何故か攻撃の対象と言いますか、危険にさらされているわけです。
何故でしょうか。
その原因は、憲法9条ですね。
この憲法が危険を呼んでいるのです。

日本は、よっぽどの事が無い限り、反撃を憲法で認められていません。
とにかく隣国を信じるしかないのです。
でも北朝鮮のようにルールを守らないならず者ってのは絶対にいるものです。
平和の為に軍隊を捨てるという発想は、犯罪無しの街を作る為に警察を置かないようなものです。
『みんなで平和を願えば平和になる』
それだけだと逆に平和ではなくなるのです。

今各国領土の治安は、それぞれの国がしっかり守る事で成り立っています。
日本の国内は治安が良いですが、軍隊を持たない為国家レベルでは治安が悪いと言えるのです。

この、それぞれの国がそれぞれの国の治安に責任を持つというのは、欧米中心の世界になってからはあたり前の事です。
どうして多くの国が植民地にされたかというと、その国の治安に責任を持ってまとまっている国が少なかったからです。
侵略や植民地は今の価値観では全て否定されているものですが、そうする方にはそうするだけの理屈や理由があったのです。
何故日本は植民地支配されなかったのでしょうか。
それは、日本を統治する力が政府にあったからなのです。
最低限文明国として認められていたのです。

今の日本は、少し違いますが世界大戦前の中華民国に似ています。
中華民国が何故色々な国に攻められ、関東軍が満州事変を起こしたのでしょうか。
それは、中華民国がまともに自国を統治できていなかったからです。
満州辺りにも日本人が大勢進出していました。
しかし犯罪が多く、多くの日本人が酷い目にあっていたのです。
だから日本がかわりに統治体制を整えなければならないという発想になり、満州国ができたのです。
これは当時の価値観で言えば普通の考えです。

今でいうと、北朝鮮の横暴を日本が止められないから、中国が佐渡島を占拠しミサイル基地を作って、北朝鮮の撃つミサイルを迎撃するようなものです。
日本は自国の責任を果たしていないのですから、そうされても文句は言えません。
あくまで戦前の価値観だとそういう事です。

北朝鮮が悪いのはその通りなのですが、日本が悪いというのもあながち間違っていないのです。
日本がしっかりと自国を防衛しないから、他国が迷惑を被っているのです。
もしも日本がしっかりとした軍隊を持ち自国防衛に責任を持っていたら、北朝鮮は弾道ミサイルの実験なんてできなかったのですよ。

そんなわけで、北朝鮮のこれ以上の横暴を阻止する為にも、日本はしっかりと自分たちの責任を果たせる体制を整えないと駄目ですね。

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション