告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2017年9月7日木曜日

山尾志桜里議員が駄目とか今更です!もう一度保育所問題を考える!

山尾志桜里議員は、過去こんな事で名を上げた政治家です。
①待機児童問題で『日本死ね』を国会で取り上げた人。
②ガソリンを地球6周分使った人。
③不倫を強く批判した人。
そして今回は、不倫疑惑が報じられています。

この中の最初の待機児童問題で、本当は終わっている政治家だと私は思っています。

まず、待機児童の問題がどのようなものなのか理解しているのでしょうか。
そもそも保育所をつくりまくって女性が全員働くような世の中が本当に良いのでしょうか。

私は物心つくまでの子供は、親がしっかりと教育するべきだと思っています。
保育所では多少社交性が鍛えられるのかもしれませんが、大切な事は概ね教えてくれません。
おそらく山尾議員はしっかりと教育されていなかったのでしょう。
『日本死ね』という言葉は本音だと言っていましたが、そんな事をいう人がいるのは親がしっかり教育していなかったからではないでしょうか。
その問題を考えれば、保育所を増やすだけでは駄目だと、普通は思うはずです。

山尾議員は『日本死ね』は本音だと言っていました。
これは、もしも本人が認可保育所に子供を入れられなければ、同じように思ったという事です。
無知にもほどがあります。
日本は民主主義国家であり、全ての責任は国家というよりも国民にあると言えます。
それが民主主義国家です。
ただ日本では、国家の象徴として天皇陛下がおられるわけですから、この言葉は陛下に向けられた言葉になります。
今の天皇陛下に何ができますか?
大日本帝国憲法の元でなら、アドバイスする権利は持っていましたので『安倍くん、認可保育所が足りなくて国民が困っているから、早急に対応したらどうだろうか。』という事もできたでしょう。
でも今では、それすら言う事が許されないのが天皇陛下です。
そんな人に対して『死ね』とは何事ですか?
『日本死ね』というのはそういう意味ですよ。
対象は、総理大臣や与党、或いは官僚に向けられたものとはならないのです。

このような事も理解せず『本音』だなんていうのは頭がおかしいです。

保育所の教育では全然足りません。
だからなるべくなら保育所を増やすよりも、自分で子育てと教育をしようという母親が増えないと駄目だと感じますね。

とは言え、世の中そうではない方向に進んでいるので仕方がない部分もあるでしょう。
仮にもうこれは世の中の流れで、保育所は仕方が無かったとしても、それでもこれはおかしいです。

保育所の足りないのは概ね都心部に限られます。
全国でほぼ東京だけではないでしょうか。
他少し足りない程度の所が後2,3ある程度です。
だからこの問題に関しては95%くらいはやれているのです。
100点じゃなきゃダメなんですか?{笑}
まあ仮にみんなが保育所に入れないと駄目だとしても、無認可(認可外)保育所ならあるんですよ。
どうして認可保育所にこだわるのでしょうか。
国だっていくらでも金があるわけではありません。
色々な問題とのバランスを取りながら考えているわけで、一応数が足りているのに更にそこに力を入れる優先順位はそんなに高いのですか?
無認可保育所が駄目だと思っている人もいるようですが、やっているのは人なわけで、無認可だから駄目だという事はないのです。

無認可保育園に子どもを預けるママ。久々に再会した園長から驚きの一言が!【保育とわたし】

リンク貼っておきましたので、無認可が駄目だと思っている人は読んでみてください。

保育所と言っても営利企業です。
儲からなければ数は増やせないのです。
どれだけ国に補助させようというのでしょうか。
数を増やしても質が悪い保育士では意味がありません。
だから多少は競争も必要なのです。

私はそもそも保育所を増やす事には反対です。
この辺りはそれぞれの経営者に任せるべきでしょう。
そもそもこの頃の子供は親がしっかり教育しなければならない時期だと考えています。
それを私は身をもって感じています。
だからできれば保育所に預けてほしくないのです。
どうしても生活の為にやむをえないとしても、『日本死ね』というような人の為に保育所が必要だとは思えません。
本当に頑張っているお母さんの為に、良質の保育所が認可だろうと無認可だろうとあればいいと思っています。

まあ『日本死ね』とツイートした人は、そんなに深く考えず、ただ腹が立って言ってしまっただけだとは思います。
きっとその後反省して、子供の為に良質の保育所を探したか、或いは自分で頑張って世話をしているのだとは思います。
ただ、これを『本音』だと勝手に解釈して国会で取り上げた山尾議員だけは、私から見れば頭がおかしいと思えてなりません。

山尾議員が議員辞職する話がでていますが、早急に辞めていただきたいですね。
国会議員を決めるのは国民ですから、再び戻ってくる事になるかもしれませんが、一度辞めて戻ってくるのと続けるのとでは違います。

そんなわけで、議員辞職期待してます。

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション