告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2017年5月28日日曜日

「天皇陛下がこうおっしゃっていた」とオフレコ発言を政治利用してはいけない!そして国民はその発言を信じてはいけない!

先日、譲位に関する有識者会議での発言に対して、天皇陛下が何かを言っておられたというニュースが毎日新聞だったかに載りましたね。
それに対して私は別の所でつぶやきました

『天皇陛下の気持ちは天皇陛下の言葉以外は信じるな!』

正にその通りだったようで、宮内庁から報道に対して否定されました。
それに対して毎日新聞だったかは『しっかりとした取材の元記事にしている』なんて反論しましたが、そもそもやってはいけない事を二つしていると言えます。

一つは、もしも宮内庁関係者からの情報だとしたら、誰かが法律違反を犯しているという事になります。
守秘義務違反ですね。
なのにその人を追及せず、その内容を記事にしているという事です。
もう一つは天皇陛下の政治利用です。
本当か嘘かは問題ではなく、天皇陛下の名前を出して政治の決断に影響を与える事は、たとえ報道であっても許されません。
天皇陛下の名前を出した人に権力が生まれますし憲法違反です。
『あの新聞社が天皇陛下の御意向だと言っているからそうしよう』
そんな風になってしまったらダメなのです。

そんなやってはいけない当然の事もできない新聞社の記事は、全く読むに値しないと私は考えます。
少なくとも情報としてはね。
そうでなくても本人以外の言葉で他人を判断してはいけません。
人の悪口や嘘を言って、誰かを陥れようとする人はいます。
競争社会の中ではあたり前のようにある事です。
だから私は、誰かが誰かの悪口を言っていても本人から聞くまでは信じません。
なんせ私自身そういう被害に実際にあった事があるので、自分はそんな事で他人を評価したくないのです。
※政治に関しては多くの人の話を聞いて判断するしかないのでそうします。

さて今回は国民も馬鹿では無かったので、そもそも相手にする人が少なかったように思いますが、過去にはこんな話もあったようです。



この動画の竹田恒泰さんは明治天皇の玄孫の方で、皇族への繋がりを持っておられる方です。
この方の動画の最後の方(2時間過ぎ)で、以前にあった『天皇陛下の政治利用』に関して話しておられます。
簡単に言いますと、麻生政権の頃、皇室典範改正について動いていた事があったのです。
その時事務方の官房副長官のウルマさんが『天皇陛下の御意思は女系天皇だ』と政治家や官僚にふれまわったそうです。
麻生総理が陛下に内奏の折りに、『皇位継承は男系にこだわっている場合ではないから女系で良い』と麻生総理に言った、そういう話をしていたというのです。
竹田さんはそれを確かめるべく、お髭の殿下の所に行ったそうです。
お髭の殿下は父親(三笠宮王殿下)の所に行き、更に父親が直接天皇陛下に会って伺ったそうです。
そしたら天皇陛下は『麻生総理の内奏の折りに、皇位継承の話が出た事は無い』とおっしゃったそうです。

まあもちろん、この竹田恒泰さんのいう事に関しても、天皇発言という部分は信じなくていいのです。
誰かが喋る天皇の発言や意思は、全て信じてはいけないのです。
どうでもいい話で良い話は自分の中で信じてもいいですけれどね。

一応言っておきますが、私は皇室に関して『絶対に未来永劫続けなければならない』なんて思ってはいません。
ただ、失くす方向で動く時は、『天皇陛下の意思』によってのみ動くと思っています。
天皇陛下がそうおっしゃられた時だけ、日本という国が終わるのです。
それは必ず、そうする事が日本と日本国民の為に良い時です。
私の考えでは千年二千年先の話です。
どう短く考えても、百年二百年は先でしょう。
まだまだ世界の人々の価値観は、違い過ぎるからです。

だから少なくとも後数百年は、皇室を今まで通り守っていかなければならないと思います。
もちろん、未来永劫続けていくべきだとなる場合も考えられますよ。
その方が世界の人々の為に良い場合です。
あくまで今現在の世界、当面の世界では、日本人は今まで通り皇室を残していくべきだと私は考えています。

そんなわけで、まあ私がいうまでもなく、今回は国民が賢かったようで良かったです。
ただ今後もそうであるように、念の為に書いておきました。


0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション