告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2017年3月31日金曜日

印象の怖さ!悪い印象だけで否定してはいけない!触れていく必要があるものがある!

旭日旗というと現在では自衛隊が使っている日本の旗ですが、見るとそれ以外の感情が湧き上がってきます。

少し前に韓国のサッカー選手が言い訳に使ってから『軍国主義の日帝』の象徴みたいに言われていますが、そもそもそんな旗ではありません。
日本は特に軍国主義でもなんでもありませんでしたし、当時の国際社会の中では、むしろ世界のルールに良い意味でついていけないくらいでした。
ただ、馬鹿でしたけれどね。{笑}
なにわともあれ今でこそ海外ではこの旭日旗に嫌悪感を抱く人も極僅かですが存在しますが、そもそもは何でもないただの自衛隊旗というのが現状のはずです。

しかし先日私は、旭日旗の絵が入った自動車を見た時、少し引いてしまう自分を感じました。
なんでもないものでも印象操作を続けられると、悪い印象にさせられてしまうのだということです。

これは結構効きますよ。

理屈では良いと思っていても、生理的に受け付けないってあるじゃないですか。
例えば身体障碍者はとても可哀想だと思うし、多少性格が我がままになってしまってもそれは仕方がないと思います。
だからそこは広い心で接しようと思うのですが、やはりワガママな態度にストレスはたまってしまいますよね。
理屈で納得できていたとしても、印象や染みついたものというのも同じように違う感情を湧かせ、行動に影響してしまうのです。

長い間我々は、『戦争は絶対に駄目なこと』という教育を受けつつ、一方で『旭日旗を付けて走る車に乗っている人は戦争を否定しない人達』という風潮で聞かされてきました。
その二つから旭日旗に対しては特に嫌悪感は無いものの、車に描かれていると少し引いてしまうようになっていたのです。

それが何でもない印象なら避けていけばいいでしょう。
今回の場合は、車に旭日旗を付けないことで問題は何もありません。
でももしもこの印象操作がもっと広い範囲で、或いはより強く行われていたらどうでしょうか。
旭日旗自体に嫌悪感を抱くようになるかもしれません。
現に日章旗ですら、日本での扱われようはちょっと悲しいものがあります。

何かの思惑で何かに悪い印象を与えようとする人は、残念ながら必ずいます。
でもその印象にしたがってしまっては駄目な場合も存在しますし、少なくとも印象操作をする側の思惑に乗ることになります。
日本人は印象が悪ければ触れなければ良いと簡単に対応する人が多い気がします。
でも、印象に負けず触れていかなければならないこともあるのです。
車に付いた旭日旗程度ならまだ触れなくてもいいですが、建国記念日や正月に国旗を掲揚しないなんてのは、国家に対する意識が薄れていく気がします。
それは決して良くはありません。
なんせ民主主義の国なのですから、国民がみんなで国のことを考える必要があるのです。
盛り上げていかなければならないのです。

そんなわけで、何かに対して印象だけで行動を決めようとした時は特に、何故そうなったのかを考えて行動していきたいと思いました。

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション