告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2017年1月8日日曜日

甘い考えは果たして本当に甘いのか?気楽に挑戦する人と注意して堅実な人はどちらが?

私の考えは甘いと言われます。
確かに私の言っていることは甘い部分も多いですが、良く言えば前向きに考えているだけで、だからこそ何度も挑戦して失敗を繰り返しています。
つまり実は『言うほど甘くない』ことは実際に何度も体験しているわけで、本当は甘くはありません。
ただ甘いことを口にするだけなのです。

一方で私の甘い考えを指摘する人は、もう色々と悲観しすぎだと思えます。
そしてやっても無駄だと最初から確実なことしかやろうとしません。
アレコレ挑戦はしないのです。

さて、本当に甘いのはどちらなんでしょうかね。
甘いことは言うけれどアレコレ挑戦する人と、堅実に確実なことしかしない人。
私は少しこの辺り疑問に思いました。

ただ、私の考えが甘いという人は、揃ってコミュニケーション能力に欠けているように思えます。
性格的にも損をしている人のような気もするし、可哀想だとも感じます。
私はその人たちをよく知っているので、本当はとても『良いヤツ』だということは分かっています。
しかしその良い部分が伝わらない性格でもあり、本当に人生損をしているんでしょうね。
そうした損する人生を歩んできたが故に、楽観視して何度もチャレンジすることに否定的になったんだろうとも思います。
だから本人にとってはそれはそれで間違いではないのです。

ちょっと何が言いたいのか分からなくなってきましたが、私が甘いことを言うのは、本心からの言葉通りではなく、ちゃんと厳しいことを知った上で何度でもチャレンジする為だということです。
そして世の中悲観してしまうのは、本人の行いや気質や努力も大きく影響するということです。

私は今大きな人生の分岐点にあり、どちらに行っても大きな壁が前を立ち塞いでいます。
それは知っています。
でも、私は何とかなると言葉に出して言い、軽く前に進もうとしています。
さて、必死の形相でよりマシな方に進むのか、それとも笑顔で望む道にある壁に向かうのがいいのか、皆さんはどう考えるのでしょうかね。
私は笑顔で進みたい方向にいきたいです。
たとえ壁を越えることができなくて、結局回り道する羽目になろうとも、私は望む道の方が正しいと今は思っています。

結局戻って茨の道を行くことになるかもしれませんけれどね。{笑}
甘いことを言ってはいても、挑戦を繰り返している人は厳しさを知っているという話でした。

ε===(っ≧ω≦)っ秋華

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション