告知日本を考える会 G+コミュニティで、記事に対するご意見お待ちしてます。

2016年10月27日木曜日

夢の面白い所!徐々に現実との区別がつかなくなってきた!{笑}

今朝、夢を見ました。
登場人物は、小学生時代の友人でした。
年齢的には今なのですが、何故か小学生時代の友人が夢に出てくることが多いです。

登場する人はだいたい決まっています。
想い入れの強い人、関わりの多くあった人は当然よく出てきます。
何故か現在の生活の中に登場することもよくあります。
だから変に、本来は無かったはずの出来事が私の記憶に残っていくこととなりました。
例えば『今勤めている会社で、小学生時代の友人が一緒に働いている』などですね。
最近は、それが夢だったのか現実だったのか、かなり曖昧になってきています。
冷静に考えれば夢だったと断言できるのですが、ふとすると現実だったと錯覚するのです。

今朝見た夢では、前に見た夢の話を継承していました。
面白いですよね。
夢の中では夢が現実としてなんの疑いもなく受け入れられるのです。
だから分からなくなるのです。
目が覚めた時、夢の中であたり前として受け入れていたことが本当にあったのではないかと。

そうでなくても、もうどっちか分からないものもあるんですけれどね。{苦笑}
子供の頃の記憶と夢は、もう分かりません!
親にその話をしても、「そんなことは無かった」と言われます。
だから夢だと思っているのですが、はたして本当はどちらなのでしょうか。

その答えは、大きく丸々太ったスズメバチが実在するのかどうかで分かります。
とりあえず今調べても存在が確認されないので、これは夢だったということでしょう。
でも、いたと思うんですよね。
丸々太ったスズメバチ‥‥

夢って不思議ですよね。
正夢も結構見ていた時期はありましたし、ちょっと研究とかしてみたいです。
もしかしたら我々は、寝ている時と起きている時で、別の人生を歩んでいるのかもしれませんよ。
魂が抜けて、遠い何処か別の世界で生きていたとしたら面白いですよね。

まあ何にしても、今朝は現実と夢が曖昧にならざるを得ない夢を見たという話でした。

正夢

ε===(っ≧ω≦)っ秋華

0 件のコメント :

コメントを投稿


サイト利用規約※説明や注意事項※  秋華神社エントランス

秋華神社-秋華エントランス-

秋華神社インフォメーション